【1月結果】月次-1.83%、年次-1.83%

インターアクションの悪夢!

これのせいでふつうに大損やあああ

先物と比較コム、システムアイでとんとんぐらいまでは戻ったけど、、、。

RStechは結局上か-。

こういうときに持ってないのが私です。(´;ω;`)ブワッ

まあ、逆に言うとこういう銘柄をきちんと持っていればいいかな。

とりあえず、昨年の値上がり1位はFVCか、13億ぐらいから始まって250億ぐらいまでいったのか。

時価~30億で捜して一発逆転の夢株探そうかな。

インターアクション(7725)の分析:自動運転関連?

決算

インターアクション 平成27年5月期有価証券報告書

受注残高 26年 109,177

受注残高 27年 650,532(596%増)

業績に応じたストックオプションあり

払込金額525円/株で300,000株=157,000,000

発行価格543円/株で300,000株=5,400,000

①平成28年5月期の営業利益が502百万円以上の場合
新株予約権者が割当てを受けた本新株予約権の総数の1/2を、平成28年5月期の有価証券報告書の提
出日の翌月1日から行使することができる。
②平成29年5月期の営業利益が1,041百万円以上の場合
新株予約権者が割当てを受けた本新株予約権の総数の1/2を、平成29年5月期の有価証券報告書の提
出日の翌月1日から行使することができる。

四季報

光源装置は自動運転技術の進展の恩恵で車載センサー向けに引き合い強まる。

とのこと。

ここにしか自動運転の記事見つけられたないなあ。

一言

業績は良くなりそう。受注残高かなりいいし。

インターアクション 決算推移

インターアクション 空売り情報

計算日 空売り者 残高割合 増減率 残高数量 増減量 備考
2015/12/07 BlackRock(Pan Asia) 0.600% +0.080% 61,100株 +8,500

 

機関の空売り入っているのね。

平均520円くらいぽいな。限界含み益中や。

次回中間決算

2Qは、2016年01月12日 平成28年5月期 第2四半期決算発表か。

 

【12月結果】月次−7.70%、年次+20.54%

あけましておめでとうございます!

昨年度は前半好調、後半ボロボロ。。。

損した銘柄 Best 3

(株)ワットマン (株)太平製作所 (株)東芝※空売り焼かれた

ワットマンは月次が良かったんだけどなあ。それに惑わされた。

太平製作所は期ズレの売上が先に計上されただけだったという決算で損した。

東芝は400円で売って450円くらいで買い戻したという。いまは250円w

儲かった銘柄 Best3

(株)丸千代山岡家 (株)石井表記 (株)TASAKI

どれも前半だなあ。それに早売り過ぎた。

有価証券報告書にある受注残高で前年よりも150%ぐらい増えてて1Qの決算またぎした時には失敗しなかったなあ。※エヌ・ピー・シー、石井表記の例

 

2015年月次

月次

RSテクノロジーズ(3445)の分析:割安じゃないのかな?

RSテクの現在

RSテク:株価指標(2015-12-25)

時価総額
110億7040万円
予想PER
26.36倍
実績PBR
4.36倍

□決算推移

同業他社

ラサ工業;株価指標(2015-12-25)

時価総額
102億4802万円
実績PER
15.53倍
実績PBR
1.1倍

□決算推移

三益半導体工業株式会社:株価指標(2015-12-25)

時価総額
394億3737万円
予想PER
17.93倍
実績PER
23.24倍
実績PBR
0.74倍

□決算推移

業績資料

平成27年12月期 第3四半期決算説明資料

平成27年12月期 第3四半期決算説明資料

これ見る限り生産力があがれば増益なのは間違いないんだろうな。

募集新株予約権(有償発行新株予約権)の発行内容確定に関するお知らせ

第2回及び第3回に共通する行使条件として、各新株予約権を権利行使するためには、 当社の株価終値を一度でも 3,050 円を超過しなければならない旨を定めております。

なるほど。

社長は平成 27 年7月 21 日以降、1,000個で100,000株

その他は平成 29 年4月1日以降、1,720 個で172,000株

両方とも普通取引終値が 3,050 円を超えた場合にのみ。

その他は業績目標あり↓。

(a)営業利益が 1,820 百万円を超過した場合
行使可能割合:50%
(b)営業利益が 1,912 百万円を超過した場合
行使可能割合:100%
ただし、平成 27 年 12 月期から平成 29 年 12 月期までのいずれかの期の営業利益が927 百万円以下となった場合、それまでに確定した割合を除き、新株予約権を行使することはできない。

業界参考記事

《金融恐慌後の半導体ウェーハ再生業界》何故、ラサ工業は撤退したのか? 再生業界は生き残りをかけ変革を

再生ウェーハの世界市場規模1枚当たりの平均再生価格

ラサ工業の設備を譲り受けたRS Technologiesが再 生事業を開始する準備を着々と整えているようだ。 RS Technologiesが事業を開始すれば、再び、再生キ ャパシテイは過剰になる。その結果、またしても 価格競争が激化するだろう。中国系のRS Technologiesは、この競争に勝てるという目算があった からこそ、ラサ工業の設備を買収したと思われる。

Electronic Journal 2011年3月号

結果、この記事の通りRSテクは成長した。ラサが撤退した、リーマンショック後が底だったのね。

手堅い「半導体の洗濯屋」の素顔とは?—RS テックの実態に迫る

《日本のウェーハ再生メーカーが生き残る方法》 Siウェーハ再生市場の動向 縮小する日本と拡大する台湾

結論

新株予約権は全部が発行されると間違いなく、売り圧力だから29年の4月までには売る必要あり

設備投資がないと儲からない業界

2012年の時点で再生ウエハーの市場規模が100億円

RSテク、今季で世界の3割をカバー

四季報を読む限り450㎜という技術力が必要なウエハーも再生可※450㎜が世界の主流になるのは未だ先そう。

半導体業界は景気にめっちゃ左右されそうだけど、リーマンショックの底から始めている会社なのでなんとかなりそう。

このままの株価で中期予想通りの通期だしてくれたらper10倍以下なんだけどなあ。

目指すは自由億の個人投資家