銘柄分析:トランスジェニック[2342]

トランスジェニック[2342]に関して気になったので銘柄分析

■トランスジェニックのHP( http://www.transgenic.co.jp/ )

■トランスジェニックの日経(http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=2342 )

■トランスジェニックの有価証券報告書( http://www.transgenic.co.jp/ir/library/securities.php )

■トランスジェニックの空売り( http://karauri.net/2342/ )

■トランスジェニックの中期経営計画( http://www.transgenic.co.jp/pressrelease/pdf/20140509.pdf )

・業績目標(2017 年 3 月期)

売上高   25億

営業利益2.5億

・業績目標(2020 年 3 月期)

売上高   40億

営業利益10億

ちょー強気な中期経営計画!今回が初めての策定とのこと。

■トランスジェニックの状況

ファンケル遺伝子分析事業は、トランスジェニックの協力会社のサインポスト(http://www.fancl.co.jp/fhs/order/)

・ファンケル、遺伝子検査しサプリ提案 予防医療事業に本格参入

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ21035_R21C14A0TI0000/

>遺伝子検査は大阪大学発のベンチャー企業、サインポスト(大阪市)に委託する。ファンケルが提携する医療関連機関「健康院クリニック」(東京・中央)の医師が検査結果に基づいて肥満や動脈硬化などの発症リスクを解析。顧客の体質に合ったサプリの紹介や生活改善提案の冊子を解析結果とともに送付する。

・トランスジェニック:ヘルスケア分野への事業参入を決定 株式会社サインポストと共同で遺伝子検査ビジネスを開始(http://www.transgenic.co.jp/pressrelease/pdf/20140818-2.pdf

>当社と株式会社サインポスト(以下、サインポスト)(代表取締役社長:山﨑義光、大阪市)は、両社の 持つ技術および営業網を相互に活用することにより、共同で一般消費者向け遺伝子検査サービスを 9 月 から開始することとなりましたので、お知らせいたします。

■新興市場上場企業【サービス】業界 特許資産規模ランキング、トップ3はアスカネット、トランスジェニック、UBIC(http://www.dreamnews.jp/press/0000104475/

アスカネット・UBIC共にバク上げだからトランスジェニックもいつきてもおかしくないと思うんだよね。

>2位トランスジェニックの注目度の高い特許には、「膵臓癌患者血漿中に含まれる酸化修飾型のタンパク質またはポリペプチドに対するモノクローナル抗体」に関する技術などが挙げられます。この特許は、早期審査請求により、出願から約5ヶ月で権利化に至っています。また、米国にも出願しており現在審査中の状況となっています。