「読書」カテゴリーアーカイブ

稲盛和夫の実践アメーバ経営 全社員が自ら採算をつくる 単行本

読書時間              :1時間くらい

読書感想文(要約) :

誰もが理解できる指標の作成、時間あたり採算表(売上に相当する項目とその下に必要経費≒労務費を含まない)

アメーバ経営、
第1条件
明確な収入が存在し、かつ、その収入を得るために要した費用を算出できること
 →アメーバ間の値決めは受注価格を基準とする(技術を知ってないと厳しい≒公平&フェア)

第2条件
最小単位の組織であるアメーバが、ビジネスとして完結する単位となること

売上最大、経費最小

花咲くいろは を2軸思考で

むかし6話ぐらいまでみてたけど、改めて7話から見直し♪

老舗旅館を立て直す話で改めてみるとおもろいな〜

花咲くいろは

廃業しそうな旅館がどう立ち直るのか

そしてそこに青春という設定を掛け合わせる事によって、より面白いものへ

ビジネス × 青春 の切り口か〜

アマゾンオーディブル2軸思考を聞いて世の中をシンプルに理解することを知った今、花咲くいろはを ビジネス × 青春 だと考えた。という点と点がつながったという突然のお話。